スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスポート・・・

ラオスでのダニ騒動もあり、2回目のビザ更新は国外にでるのではなく、
延長してもらうことにした。
観光ビザは一度だけ1カ月延長ができる。
でも、プノンペンまで行かねばならない。

そこで登場するのがビザ延長代行。
大体どこの旅行社でも取り扱っている。

自分で行って手続きをすると、延長料金は20ドル

今居るゲストハウスでは 58ドル
クロマーヤマト(日本人経営 日本語が通じる)は 60ドル

自分でプノンペンまで行くと、バス代往復10ドル 宿泊代10ドル
食事代 8ドル・・・・でビザ代も合わせると48ドル以上はかかる。

いくつか聞いて、45ドルと言うところに決め、お願いした。
当然パスポートも預けることになる。

11日にお願いし、15日にはできるから取りに来い・・・とのことだった。

パスポートが手元にないと(というか、いつも部屋のタンス内にあるカ
ギ付き金庫に入れているのだが)なんとも心もとないから不思議だ。

指定された15日に、さっそく取りに行った。
が・・・まだ、戻ってきていない。・・と言う。
ビザの延長は済んでいるが、私のパスポートはまだプノンペンにある・・・
というのだ。
「明日来てくれ・・・」

そして、翌16日また行った。
が・・・・・前と同じことを言われ・・・

17日 この日は午後からモムちゃんの結婚式だったので、
「明日来て・・」と言われてもあまり気にならなかった。

18日 披露宴に出かける前に、またパスポートを取りに行く・・
が・・・・やはり、同じ答え・・・ここできれた!!
「同じことを言われて、もう4回ここに来た。ゲストハウスからここまで
 そんなに近くない。なんとかしろ・・・」と。
スタッフ曰く。
「今、確認したら夕方にはバスがついて、パスポートを持って来られる。
 ゲストハウスまで届ける。」
とのことだった。半信半疑・・でも、時間がないのでまた、自転車をこいで
帰って来た。
 夕方、ゲストハウスに披露宴から戻って来ても・・・案の定、私のパスポ
ートは届いていない・・・・・・

この辺りから、大丈夫だろうか???と、少しずつ不安がよぎるようになる。

20日 「ゲストハウスに届ける」という言葉を信じ・・・・・たが、
やはり裏切られる。

21日 この日は近々日本に帰国する人の送別会があった。彼はシェムリアップに
7年も住んでいる。現地情報に詳しい人なので、パスポートのことを話してみた。

彼曰く「・・・そんなことはここではよくある。無くしてしまってそのまま・・かもね。
今度行っても、同じ答えだったらその場で日本大使館に電話して・・・・
・・・・・次はツーリストポリスで紛失届を出して・・・・・」
等など、すでに私のパスポートは戻ってくるわけない、的な発言が。

急に心配になって来た。なくなったら再発行もしてもらわなければ・・・
日本へ帰れないじゃないか!!!!

飲み会から帰って真夜中に、パスポート再発行に関してネットで調べた。

えっ? 再発行料が64万リエル(160ドル)
なに? 紛失届に 35ドル
その他 もろもろ!!!!!

げげっ・・・200ドル以上もかかる・・・・

というわけで、そのことを考えるとベッドに入っても全然寝られない。
早く朝になってくれーーーーって感じだった。

そして朝

自転車こいで、また・・・・・

お店に入ると、お姉さんがハローと笑顔で言い、すっと
わたしの赤いパスポートを引き出しから差し出したのだった。

ビザもちゃんと延長されていたことを確認・・・・
めでたし めでたし・・・・・・
CIMG8713.jpg
これが普通の観光ビザ 緑

CIMG8712.jpg
延長ビザはこのように青いシール




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

yumisas

Author:yumisas
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。