スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援物資を村へ

5月7日(土)
日本からの支援物資を、学校と村に届ける・・・・について行かせていただいた。

その2・3日前から、山のような支援物資を、村に持っていくもの・学校へ
持っていくもの・または日本語学校でそのまま使うもの・・・などに仕分けした。

支援物資・・・といっても、文房具・衣類・・等様々だ。
つくづく思ったのは
 受け取った人が整理しやすいようにきちんと分類して送ることが大切・・・ということば。
 なかには、不用品をただ段ボール箱につっこんだだけ・・・なんてのもある。
 使いかけのノート・・・これも、本来なら使った部分は切り取って送った方がいい。

20キロくらいの荷物は、航空便なら約20000円 船便なら10000円くらいかかる。
しかもカンボジアは、その荷物を受け取る時にさらにお金が必要らしい。
このしくみは、なぜか理由はわからないが・・・・・どう考えても意味不明。

つまり、支援物資をお金を出して受け取っても、中が整理されていなければ、お金がかかった上に
さらに整理する手間がかかってしまうわけだ。

まっ、そんなこんなで
支援物資の仕分けはできた。

CIMG5583.jpg
ピックアップトラックに荷物を積んで、早朝に出発した。

シェムリアップしないから遺跡までは舗装された道路が続く。しかりそこから外れると、赤土のぼこぼこ道
・・・・・2時間くらいで、となりの家まで歩いて30分もかかりそうな小さな村の小学校にたどり着いた。
もう9時は過ぎていただろう・・・・

朝から待っていた児童がずらーーっと、並んで迎えてくれた。
(6:00から集合していたそうだ)
CIMG5589.jpg

きちんと並んでいたので驚いた。

CIMG5586.jpg

CIMG5587.jpg
フランスの支援で、今年この村に初めてできた学校。まだ新しくてきれいだった。
それまで、学校がなかったので幼児から中学生くらいまで・・・年齢層が広い。

CIMG5605.jpg
教室の中に入り・・・そのきれいさ・・・教室掲示がすばらしさ・・・に驚いた。
カンボジアは午前午後の二部制だし、こういうところまで先生が気を配っているなんて想像もしなかった。
CIMG5622.jpg
背面も、このようにカラフルで、教室に居ることを楽しくさせている。
CIMG5624.jpg
前面には、学校目標ならぬ・・・・カンボジア国王夫妻と首相の写真が掲げられていた。立体的な花飾り
もすてきだ。

教室に戻って児童はみな、席についている。
CIMG5601.jpg

CIMG5596.jpg

CIMG5617.jpg

CIMG5639.jpg
ここで配ったのは、30センチものさしとボールペン
一人一人手渡すと、みんなありがとう・・・の気持ちをこめてくれます。

最後に、みんなで歌をプレゼントしてくれました。
カンボジアの学校で合唱を聞けるなんて!!!!
CIMG5631.jpg

CIMG5640.jpg
これが、校長先生のソンボーさん。
実は、彼女 今年 シェムリアップにある師範学校を卒業したばかり。(師範学校に通いながら一二三日本語学校で日本語を勉強していた。)
卒業して新採用・・そして校長????なのです。他2人の先生は中学を卒業したばかりのソンボーさんより若い女の先生・・・・
児童の様子(細かいところまできちんと指導が行き届いている)教室掲示・・・
若い校長ソンボーさんの、やる気・実力・実践力が見えるようだ。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yumisas

Author:yumisas
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。